シンプル族の反乱

外出先の書店の店頭でユニクロを連想させる表紙が目に止まり、冒頭の数ページを読んで購入。

書籍のタイトルにある「シンプル族」とは、「モノを買わない消費者」を指しているらしい。

著者は冒頭で「なぜシンプル族は物を買わないのか」について、いくつか理由を挙げている。

理由1 すでに生活が豊かであり、物が豊富にあるので、急いで買う必要がない。

理由2 所得が低下しているので、物を買いたくても買えない。

理由3 将来に不安があるので、貯蓄に励み、物を買わない。

理由4 所得が低いから結婚できず、子供を産まず、家も買わないので、消費全体が減少する。

理由5 インターネットが発達したので、情報だけで満足するようになり、物は買わなくなった(出かけなくなった、旅行に行かなくなった)。

理由6 環境意識が強まったので、無駄な消費をしなくなった。物を買うことに罪悪感すら感じることが増えた。

理由7 社会意識が強まったので、消費よりも他にするべきことに目覚めた。

また、シンプル族の生活原理として、以下の3つを挙げている。

1.物をあまり消費しない。ためない
物をあまり買わない。借りた物、もらった物。拾った物などで済ませることも多い。
不要な物を買うことに罪悪感がある。使わない物をため込むのはもったいないと考える。
好きな物だけ部屋に置き、あとは物を買わない。
もらわないようにしている。
不要な物を捨てることに罪悪感がある。
共有で済む物は共有する。

2.手仕事を重んじる
自分で手仕事をしたり、物を手作りしたりすることを好む。既製品を買うだけより、自分で手を加えたい、改造したい、自分が関与したいと思う。
必然的に地場産業の職人の作った物に魅力を感じる。

3.基本的な生活を愛する。
暮らしの基本である衣食住をおろそかにしない。電気製品、冷凍食品など便利な物に依存せず、昔ながらの方法で生活し、大事に物の手入れをする。

本書は統計データやインタビューなどを中心に、シンプル族の傾向や志向性、実態を解説をしている。

読了して思ったのは、シンプル族に共感できる部分が意外に多かったこと。

私自身は20代の頃からユニクロや無印良品を好んで利用してきたけれど、本書で述べられているシンプル族のように意識的に利用するようになったのは、30代になってからである。きっかけとなったのは、引越し。

私はシンプル族のようなエコ志向とは言えないけれど、できるだけ余計なモノを部屋の中に置きたくないと常々考えている。

そのため、自然に「長く使っても飽きのこないモノ」、「シンプルなモノ」を選ぶようになり、自然に無印良品やユニクロへ行き着いた。

「飽きのこないモノ」とは、大抵「シンプルなモノ」であり、大抵「洗練されているモノ」ともいえる。そしてそれらのモノには、あまり余計なものは付いていない。

また、私が無印良品やユニクロを気に入っている点として、どこに外出しても大抵は店舗があって、一部の季節ものや企画ものを除いて、同じ商品が手に入りやすいというのがある。つまり、いつでもどこでも安くて良いモノが買えるという安心感である。

また、シンプル族には共通して毎日を大切に丁寧に生きている人が多い。

自分も毎日を大切に丁寧に生きて生きたいという方は、参考までにぜひ一読を。

シンプル族の価値観にきっと共感できるはず。

4584131813.09.MZZZZZZZ.jpgAmazon.co.jp: シンプル族の反乱

2009年08月15日(土) 23時33分  

ARIA The ORIGINATION

ARIA The ORIGINATION」が明日から放送される関係で、放送時間等の情報を集めていたところ、原作の「ARIA」の連載が、あと数回で終了してしまうとの情報を知って驚いてしまった。第3期の放送が観られると喜んでいたのだが、時期を同じくして原作の連載終了が決定してしまったのは残念。

けれども、いつまでも続けば良いというわけでもないと思うので、最終回を読み終えた時には、原作者の天野こずえ先生に「素敵なひとときを、ありがとう」と言いたい。

ARIA」を初めて知ったのは、第1期「ARIA The ANIMATION」の放送からで、原作の漫画のほうは全く知らなかった。そのアニメも、始めの頃は何か別の事をしながら観るという姿勢だったのだが、第7話「その 素敵なお仕事を…」の頃には、録画したものを次回の放送日までの間に2度視聴するまでになってしまっていた。

その後、第1期の放送が終了してから第2期「ARIA The NATURAL」が放送されるまでの間に原作の漫画を読む機会があり、気づいたらすっかり架空世界AQUA(アクア)の虜になっていた。まだAQUA(アクア)に癒されたことの無い方には、是非一度「ARIA The ORIGINATION」を視聴してもらいたい。

せっかくなので、膨大な「ARIA」グッズの中から個人的に気に入っていて、お勧めしたい画集と音楽をリンクしておく。

486127009X.09.MZZZZZZZ.jpg4861271401.09.MZZZZZZZ.jpg4861272971.09.MZZZZZZZ.jpg

原作の漫画や、アニメDVD等は、また次の機会に。

2008年01月06日(日) 23時54分  

帰省中に読んだ本

今回の帰省の間に、「効率が10倍アップする新・知的生産術―自分をグーグル化する方法」と、積ん読状態になっていた「ドキュメントハックス-書かない技術 ~ムダな文書を作り方からカイゼンする~」を読了。

勝間和代さんの著書を読むのは「勉強法」、「時間投資法」に続いて「効率が10倍アップする新・知的生産術」で3冊目になる。今回は、著者自身のキャリアをベースに勝間版「ライフハック」、勝間版「レバレッジ・シンキング」を展開しているという感じで、これに著者がマッキンゼー時代に習得したロジカル・シンキング等の思考ツール、フレームワークを紹介している。読む視点を変えることで様々な「発見」が出来る良書だと思う。

もう1冊の「ドキュメントハックス」は、効率的にドキュメントを作成する方法について書かれた本で、「文章を書く技術」(=テクニック)ではなく、「文書を作る工程」(=プロセス)に焦点が当てられている。内容自体に新しさは感じられなかったが、相手(や自分)が必要としている「モレ」や「ムラ」や「ムダ」を無くした簡潔な文書をいかに効率良く作るかは、文書の作成に限らずいろいろな場面でも忘れずに常に意識しておきたいところ。「ドキュメントハックス」は、先日のエントリーで少し触れた「SEの文章術」等の文章術の本を併読して活用すると、効果が高いと思う。

4478002037.09.MZZZZZZZ.jpg 効率が10倍アップする新・知的生産術―自分をグーグル化する方法

4839924287.09.MZZZZZZZ.jpg ドキュメントハックス-書かない技術 ~ムダな文書を作り方からカイゼンする~

ゲーム理論やロジカル・シンキング、クリティカル・シンキングの本は読んだことがあるが、まだまだ自分のものに出来ていないなあ……。

2008年01月06日(日) 19時12分  

グレートダンボー

12月2日のエントリーで「よつばと!」を紹介したついでに、同作品中に登場するダンボーのフィギュアを紹介したが、そのダンボーのフィギュアを5体合体させてグレートダンボーなるものを作っている人がいた。シーンの作り方といい、構図といい、見せ方がうまいなぁ~

B000WF1TKS.09.MZZZZZZZ.jpg リボルテック ダンボー

B000YW6UQ2.09.MZZZZZZZ.jpg リボルテック ダンボー アマゾンボックスバージョン

B000T8S9EM.09.MZZZZZZZ.jpg よつばと リボルテック

2007年12月07日(金) 23時01分  

よつばと!

Amazonのサイトやメールでリボルテック ダンボーというフィギュアが私へのお勧め商品として何度も紹介されていて気になっていた「よつばと!」を読む機会があったので、1巻から7巻まで通して読んでみた。

4840224668.09.MZZZZZZZ.jpg

あずまきよひこの漫画は、「あずまんが大王」もそうだったけれど、作品からほのぼのとした雰囲気が感じられて癒される。これは本編中に流れる時間がゆっくりと流れているように感じられるからかもしれない。

ちなみに、冒頭で書いたダンボーは、本編で恵那とみうらが作成した夏休みの自由研究の成果で、Amazonのサイトでは、本編に登場したダンボー(リボルテック ダンボー)の他に、リボルテック ダンボー アマゾンボックスバージョンが販売されている。個人的にはアマゾンボックスバージョンが欲しいかも。

B000WF1TKS.09.MZZZZZZZ.jpg リボルテック ダンボー

B000YW6UQ2.09.MZZZZZZZ.jpg リボルテック ダンボー アマゾンボックスバージョン

2007年12月02日(日) 21時42分  

「データモデリング基礎講座」読了

データモデリング基礎講座」という書籍を読了。

以前、PHPでデータベースを使用したCGIを作成した時は、UMLのクラス図を使用してテーブル構成を考えていたのだが、その後、データベースの設計にはUMLよりもER図が使われていることが多いということを知り、ならばER図を少しぐらいは読めるようにしておきたいと思ったのが、本書を手に取ったきっかけである。

内容は、「データモデリング基礎講座」という題名が示すとおり、前半はデータモデリングの基本的な使い方や書き方が記されており、後半はストーリー仕立てでユーザーからのヒアリングから要求定義を行って、データベースを設計していくという構成になっている。発行年月がやや古いが、データモデリングの基礎を勉強するのに分量共に適した本だと思う。

4798101109.09.MZZZZZZZ.jpg データモデリング基礎講座―データベース設計を楽しもう! (DB Magazine SELECTION)

2007年11月04日(日) 18時24分  

鉄子の旅

青春18きっぷを使って実家まで帰省出来た感動のせいかどうか、電車に乗ることをテーマにした漫画があったことを思い出したので、読んでみた。

4091885411.09.MZZZZZZZ.jpg

この漫画に登場する横見浩彦というキャラクターは、自分の足でJR・私鉄全線全駅下車(完乗)を成し遂げた実在の人物で、トラベルライターとして活躍中である。彼の鉄道(趣味)にかける情熱(・執念)は、鉄道ファンではない私でも素晴らしいと思う。

ちょうどアニメも放送されているが、こちらはこちらでまた楽しい。

2007年08月20日(月) 23時51分  

持たない暮らし

近所のスーパーの書店コーナーにて、以前から何度か立ち読みして気になっていた「お部屋も心もすっきりする 持たない暮らし」という本を購入。

4757213212.09.MZZZZZZZ.jpg

現在の部屋に引っ越す時に不要なモノはかなり捨てたのだが、3年も住んでいると、以前と同じように部屋に徐々にモノが溢れているのが目立つようになってきた。この状態を改善したいと思ったのが、この本を手に取ってみたきっかけ。

読後の感想としては、整理術・収納術の本を読むよりも参考になる点が多く、本書で記されている考え方は、本書の枠を通り越して様々な生活の場面で役に立つと思う。

ただし、単純に捨てることが目的ならば、「「捨てる!」快適生活―部屋スッキリの法則」という本のほうが効果が高いかもしれない。実際に店頭で内容を確認してみたが、Amazonのカスタマーレビューの評価の高さに違わず良い本だと思った。部屋がうまく片付けられない方は、一読の価値はあると思う。

4837918840.09.MZZZZZZZ.jpg

2007年08月10日(金) 22時00分  

やさしいオブジェクト指向、読了

先日、購入した「やさしいオブジェクト指向」を読了。

思えば、オブジェクト指向の書籍を途中で投げ出したりせず、つまづくことなく最後まで読み終えることが出来た書籍は、本書が初めてのような気がする。単純に、本書で扱っている範囲が広くないだけなのかもしれないけれど、途中で投げ出したりせず、つまづくことなく最後まで読み終えられるかどうかというのは、本書のように入門者を対象に書いている本にとっては特に大切なことだと思う。本書は、それを上手にクリアしている本だと思う。

また、普通の入門書ではあまり触れられていないソフトウェアの分析・設計・実装についてページを割いている点も、他の書籍と一線を画していると思う。例えば、クラスを抽出する過程では、

  • シンプルすぎる名詞に注意する → クラスのフィールドとして検討
  • 具体的すぎる名詞に注意する → クラスのオブジェクトとして検討
  • 抽象的すぎる名詞に注意する → 抽象クラスやインターフェースとして検討

をポイントとして挙げていたりと、ソフトウェアの分析・設計・実装を意識した構成になっている。

結城浩氏の「改訂第2版 Java言語プログラミングレッスン (上)」、「改訂第2版 Java言語プログラミングレッスン (下)」等の入門書を読んで、言語仕様は理解出来たけれど、オブジェクト指向がいまいち理解出来なかったという方には、お勧めの1冊である。

4797337443.09.MZZZZZZZ.jpg やさしいオブジェクト指向 やさしいシリーズ

2007年06月20日(水) 23時23分  

ウェブ仮想社会「セカンドライフ」 読了

JR鴨居駅まで向かう電車の中で、先日購入した「ウェブ仮想社会「セカンドライフ」 ネットビジネスの新大陸 (アスキー新書 8) 」を読了。セカンドライフ内のプレイヤーの分身であるアバターや、リアルマネーと換金出来る仮想通貨リンデンドルが、新しいネットビジネスとして成り立つ可能性を持っているということはわかった。ただ、個人的には現時点でのセカンドライフにはあまり魅力を感じていないというのが正直な感想。あの独特のキャラクターのせいかも。セカンドライフは、商売を勉強したり、試す場所としては良い空間かもしれない。

4756149162.09.MZZZZZZZ.jpg ウェブ仮想社会「セカンドライフ」 ネットビジネスの新大陸 (アスキー新書 8)

2007年06月03日(日) 23時51分