静的ルーティングのお勉強

自宅から一番近いハードオフで格安(525円)で入手して以来、ずっと放置していた中古ルーターの存在を思い出したので、静的ルーティングのお勉強。

ネットワーク構成は、以下の図の通り。

今回は、有線のみでネットワークを構成。

図のうち、ルーター1はISPから提供されているもので、ルーター2がハードオフで入手したもの。

ルーター1には有線ポートが1ポートしかないので、昔購入した無線LANアクセスポイントの有線ポートを使用。

各機器に静的IPアドレスとルーティングの設定をして、早速実験開始。

してみたのだけれど、ルーティングの設定がうまくいっていないのか、PINGがうまく届かない。

具体的な結果は、以下の表の通り。

デスクトップPC(192.168.0.14) → ラップトップPC(192.168.10.14) へのPINGのみ通らないという……。

調査すること小一時間。

ふと、ルーター1にメトリックを設定する欄がなかったことを思い出した、というか気づいた。

無関係だろうか。

怪しいのだけれど、設定欄がない以上設定できないので、検証できない。

もう1台、ハードオフで格安の中古ルーターを買って検証したいところだけれど、

  • 自宅から一番近いハードオフで、全く同じ型の(=メトリックを設定できる)ルーターが入手できる可能性は低い。
  • 違う型のルーターがはずれ(メトリックを設定できないルーター)である可能性は高い気がする。
  • そもそも格安の中古ルーターなので、動作や欠品なしは保証されない。

という理由から、なかなかハードオフまで足を運ぶ気にならない。

中古格安ルーターは、くじ引きに近い。

今回の収穫らしい収穫は、Windowsのネットワークコマンドを1つ新しく覚えたことぐらいかも。

  • ping
  • tracert

あたりは定番中の定番なので、ネットでよく見かけるけど、

  • pathping

というコマンドの存在は初めて知った。

ちなみにpathpingコマンドは、pingコマンドとtracertコマンドを併せたようなコマンドで、なかなか便利かも。

参考

ネットコマンドの使い方

コメントをどうぞ