マウスからコマンドプロンプトを起動

マウスで選択したディレクトリをカレントディレクトリとしてコマンドプロンプトを起動する方法。

レジストリの値を編集したりソフトをインストールすれば簡単にできるようになるが、実はバッチファイルとショートカットだけで簡単に実現できる。

まず、バッチファイル(cmd.bat)を、環境変数PATHの通ったディレクトリ上(C:\など)に作成する。

cmd.bat

@rem 選択したディレクトリをカレントディレクトリとしてコマンドプロンプトを起動する。
@%SystemRoot%\system32\cmd.exe /K "%~d1&&cd %1"

cmd.batを作成したら、cmd.batのショートカットを%USERPROFILE%\SendTo以下に作成する。

ショートカットの名前は、適宜わかりやすいものに変更したほうが良いでしょう。

以下の例では「コマンド プロンプトを開く」へ名前を変更。

あとは通常通りコマンドプロンプトを起動したいフォルダ(ディレクトリ)の上でマウス右クリックを押下し、コンテキストメニューを表示して先ほど作成した「コマンド プロンプトを開く」を選択するだけ。

以上、CGIの動作確認をする時によく利用していた方法でした。

コメント / トラックバック1件

  1. [...] 以前のエントリで紹介したマウスからコマンドプロンプトを起動と共に覚えておくと、便利かも。 [...]

コメントをどうぞ